| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
| ホーム |

さけ、遡上中。





この季節、鮭が産卵の為に 川を上ってきます…。






『鮭の遡上が見てみたいっ!!』って
突然 先輩が思い付き


すわっ、 ネットで調べたら、あったんです…

『鮭の遡上 情報』

北海道ならではですね(笑)




電話で問い合わせたら
『今日は朝から よく上がってますよぉ~』って声に、

ワクワクして行ってきたのは


『千歳・鮭のふるさと館』


インディアン水車で 上がってきた鮭を 捕獲する現場を見ることが出来ます。


千歳川にかかる橋の上から
川の中を覗き込んだら


いるわいるわ、
むっちむちに 肥えた鮭がキラキラと輝きながら泳いでました。





水車の前以外はせき止められています。

上流にいって 産卵したい鮭たちは ここで 一旦 迷って 上がれる所を探します…

で、水車前が開いてるから 上ると 吊り上げられるというシステム。




この水車を突破して 上流に行こうとする鮭たちは


上流にある 加工場で生まれた鮭たち…



だからこそ、せき止められていても
上流に帰りたいと 頑張るのです。



何も 上まで行かなくても 水車前で 産卵してもいいだろうに、


生まれた故郷へ帰ろうと 一生懸命なのです…

例え危険があっても…



切ないですね~



ひたすら泳いで 産まれた川へ、場所へ 戻ろうとする本能…


健気です…。




吊り上げられて、水槽にいれられても、
川へ戻ろうと、そこから、ジャンプして

板場に飛び出してくる鮭も何匹もみました


板場に出て、必死に体をくねくねと動かしている姿に

『がんばれ!、逃げろ!後、もう少し…』と応援する声があちこちから上がるんだけど

しばらくすると、作業員の方がやってきて、

敢えなく、御用となって、水槽に戻されます…。



ぬあっ!!切ない…(´Д`)



捕獲した 鮭は タマゴを取り出し 受精させて 孵化をし、海に戻すのです。



取り出した後の 鮭の身は
遡上で、精魂つきはたした後だから美味しくないのだそうです…。




だから、しゃけとば みたいな加工品になったり
ペットフードになったりするんだって…。




昼間、 鮭たちの命懸けの、遡上を見ながら、
なんて健気…
なんて切ない…
って、わぁ~わぁ~言ってた私たち。





夜には いくらがこぼれ落ちそうなほどの いくら丼を

美味しく、ガッツリ頂いて、
あまりの美味しさに、
わぁ~わぁ~言ってました…(;^_^A。



人間って…(;^_^A(´Д`)(≧ω≦)(-_-;)(^ .^)y-~~~




あっ、でもでも、頂く前に
手を合わせて 鮭にお礼を言いましたよ…(笑)。




12月には
千歳川で産まれた 天然の鮭たちが 産卵に帰ってきて


この故郷館の前で、卵を産むんだそうです。



産卵するところ、見たかったなぁ~!
07 : 38 : 06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<市場のお寿司。 | ホーム | 北海道のグルメ。>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。