| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
| ホーム |

悲しい…。

母の親友が 亡くなった…。
昨夜 訃報が届いた。




母の学生時代の友達で
私も よく かわいがって頂いた。


母は 結婚してから ずっ~と お店を切り盛りし
店主・妻・母と3役をこなしていたから
同窓会などにも 顔を出せず 突っ走っていたんだけど


3年前に 専業主婦業に 復帰してからは
ようやく 学生の頃のお友達たちとも
ゆっくり お茶をしたり 食事をしたりと 青春を取り戻すかのように 楽しんでいた…


亡くなったお友達は
その中の お一人で 家も近く 庭のユリが満開だからと
抱えきれない程の ユリの花束を持ってきて下さったり

花好きの 父とは 気が合って 母、そっちのけで 庭木話に 興じていらしたり…

私から見ても 上品で 可憐な 娘さんのような 華やかな雰囲気を持った方だっただけに 本当に 信じられない…



もう覚悟の4ケ月だったようで 母には 絶対に言わないで…と 口止めをされていたと 電話口の お嬢さんが泣いていらしたそうだ。

決して 自分のやつれた姿を母には 見て欲しくなかったのだそうです…



『辛いなぁ…』



気持ちはとても わかるけれど 母は お別れがしたかったのではないかと思う…。

歩いて 15分の所に住む 親友と お別れが出来なかったんだから…



母は、昨日 一睡も出来なかったようだ…。

私も 眠れなかった。


眠れなかったのは おばさんの訃報もそうだけど

母と同じ歳の方が亡くなったという事実。

改めて いつなんどき そういう事が 起こっても おかしくない事をつきつけられた…



私には まだまだ 覚悟が出来ていない…

改めて 両親には 健やかでいて欲しい…


そんな事くらいしか言えない私は 幼な過ぎる…



ショックだ…
15 : 24 : 37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<1・17 | ホーム | さむ~い(>_<)(*_*)>>
コメント
支えてあげて
気晴らしに一緒にどこか行ってみては?温泉とか。避けるよりもいっそ、思い出話が尽きるまで全部語り合うのもいいかも。うちの母は今ホーム暮らしですが、それで逆に兄姉の繋がりが強くなりました。(母はいたって元気です)覚悟なんて瞬間で決まります。今はお母さんの笑顔を取り戻してあげてください。
by: 飛梅 * 2010/01/15 20:46 * URL [ 編集] | page top↑
どなた様でも 居なくなるのは とても さみしい 。
誰にでも いつかはおとづれるもので
高齢だから なんて 関係ない。

日々仲良く みんなのこと思いながら暮らしたいなって 私は思っています。

私は幼すぎる・・って、親を思う気持ちは幼くていい いつまでたっても おとうちゃん、おかあちゃん やんか
by: てっちゃん * 2010/01/15 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
みんなそれぞれ
そんな思いもっているのでは?覚悟はできてないけどそんなこと薄々感じながらいまはお母さんの話し聞いてあげてください
by: ラジオ好き * 2010/01/16 00:59 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。