| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
| ホーム |

我が友 牧野エミさま。

エミさんとお別れをしてきました。



抜けるような青空、快晴の下でのご葬儀。

お通夜も、今日のご葬儀にも
500名近い方が集まり
会場中がお花に包まれ
その中で元気に微笑んでいるエミさんの遺影。

目が合うと、思わず手を振ってしまうほどの 元気でチャーミングな写真。

色々な事が思い出されて、、、
遺影の前から 離れられなくなった、、、、。

先週の水曜日も
いつものように お話して、
「また 来週ね!」と別れたまま
今日の日を迎えたものだから

訃報を聞いた時には、信じられず 頭がジーンと熱くなって、
後は何も考えられず、言葉を失い、程なくして、悔しくて悔しくて、神様を恨みたい気分で。

実感もなく、ただただ、やりきれない思いだけが残って、お通夜の日まで、何も手をつけられなかった、、、。

もどかしくて、身の置き所がないまま放心していたのだけれど

お通夜の日、眠るように目を閉じている、綺麗なお顔のエミさんに話しかけてたら、少しわかったような気がした。

エミさん、
ギリギリまで、ほんとにギリギリまで、好きなお仕事に、誠心誠意向かっていたんだよね!

体の事、心配をかけないように精一杯、悟られまいって 頑張ってたんだよね!
突っ張ってたんだよね!

調子が悪くなって、入院をした時だって、誰にも言わないでね!って口どめされて、、、、

そこまで、皆に心配かけるの、嫌だったんだよね!

言いはしないけど、
病院から、番組や仕事に通う方法だってあるんじゃない?!って話をしたばっかりだったのに。

来年、一緒に行こうね!って言ってた お芝居のチケットだって取ったし、
来年こそは、強いタイガース見に行こう! またお弁当作るから、、、って、約束もしたし、

旅をして、温泉入って
美味しいもの食べて、恋もしよ~ね!って 笑ってたのに。

残されちゃったよ、わたし。
ほんとに、淋しいよ、エミさん。

明後日、水曜日、いつもの部屋で 私 どおしたらいいの?
エミさんが いつものように出てくるのを待っていそうです。


今日のご葬儀に参列して
沢山のリスナーさんや
お芝居関係の皆さん、ラジオ、テレビ、報道関係の皆さん、お友達の皆さん、
み~んなに愛されていた事、改めて凄い!と思ったよ!

有名な役者さんや女優さんたちも撮影の合間に、駆けつけられて 涙いっぱい流しながら、棺も担がれていましたものね!

私は、凄い女優さんとお友達だったのですね。

出棺の時、堪らず
「エミちゃん ありがとう!」
と叫び、拍手をしてしまいました。

だって、エミさんの今までの頑張りに いっぱいの拍手を送りたかったから、、、。
場違いなのはわかってたけれど、思わずそうしてしまったの。
だけど、他の参列者の方も 後に続いて下さって、
エミさんへのメッセージと拍手が続きました。


私、嬉しかったよ!
沢山の拍手と感謝の気持ちで
エミさんを見送れたこと。

涙がいつまでも止まらなくて
空を見上げたら、真っ青で、
エミさんと 最後に話した時に着ていた おしゃれなコートと同じ色で、私、思わず微笑ました。


ありがとう、エミさん。
よく頑張ったね!

お疲れさまでした。
しばらくは ゆっくりして また
楽しい事、いっぱい見つけてくださいね!

本当にありがとうございました。
20 : 55 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<火曜日は ☆ 花曜日 | ホーム | 彩り。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/11/20 03:42 * [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/11/20 17:26 * [ 編集] | page top↑
牧野エミさん、会いたかった
高野さん、こんばんわ。
ちょくちょくブログのほうを拝見させてもらっています。

僕は10月26日生まれで牧野エミさんと同じ誕生日です。
同じ誕生日なのでいつかお会いしたいなと思っていたのですが、
それももう叶わないこととなりました。

牧野さんのお通夜や告別式の時間などは
(姪っ子さんによる)牧野さんのブログで知っていたのですが、
仕事の都合でどうしても行けませんでした。でも、行きたかった。

エミさんには「こんなときだけ来るんかよ」
と怒られそうだけれども、行きたかった。
でも、行けなかった。ごめんなさい。
本当にごめんなさい、とそう思います。

牧野エミさんの訃報を知ったのは
「土曜も全開」の番組の中でのことでした。
あまりにも突然の報告でまず「信じられない」
という「感覚」でした。

だって、その3日前に元気な声を聞いているのに・・・ですよ。
「ドキハキ」に遅刻はしてきたものの、
いつもどおりの放送をして
「今週のマッキーナスタイル」もホームページに載せて
元気な姿を見せているのに、ですよ。

ただ、水曜日の放送の中で
言い訳をしないマッキーナに感心をするのだけれども
それを問わない三代澤さんにも感心しました。

三代澤さんは、もしかしたらマッキーナがしんどそうだと
感じていたのかもしれないですからね。

そうだとしたら、それを言わなかったのはリスナーさんはもとより、
マッキーナに対してもの心遣いだったのではないかと思います。

だって、バラされたくないですよね、「しんどそうやな」って。

僕にはもうご冥福を祈ることしかできないけれども

それにしても神様は意地悪だ。
たくさんの人が必要としているのに急に連れていくなんて・・・。

すみません、牧野エミさん、言いたいこと言ってしまいました。

ご冥福をお祈り致します。
by: 松原季之 * 2012/11/20 20:34 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。